卵殻膜

ヒヨコが誕生するまでの21日間、外部の微生物などから卵の中身をやさしく保護する役割を担う卵殻膜。ヒヨコにとって欠かせない卵殻膜は、私たち人間の健康にも大いに寄与する可能性を秘めており、最新の研究では、美容や関節に役立つことが解ってきています。

卵に潜む貴重な美容成分

卵には、良質なたんぱく質をはじめ、ビタミンやミネラルがバランス良く豊富に含まれており、完全栄養食品とも呼ばれています。卵の殻は通常捨てられてしまいますが殻と白身の間に薄い白い膜があることがわかります。この膜を「卵殻膜」といいます卵殻膜の厚さは0.07mmと非常に薄く、主成分は繊維状のたんぱく質で、20種類のアミノ酸で構成されています。

民間薬として使われてきた卵殻膜

中国の薬学書「本草綱目(ほんぞうこうもく)」には創傷(皮膚の損傷)などの薬として記載されています。日本でも戦国時代には戦場で負傷した兵士に卵殻膜を貼って、早期の治療が行われていたと伝えられています。

卵殻膜を構成する成分

卵殻膜の85〜88%はたんぱく質で、約20%はエラスチン、15〜20%はコラーゲンで構成されています。アミノ酸組成は、エラスチンやコラーゲンに多く含まれるグリシン、プロリン、バリン等が多いのが特徴です。

アミノグラフ

また、卵殻膜にはエラスチン特有のアミノ酸「デスモシン」等のジスルフィド結合(S-S結合)を有するアミノ酸が含まれています。エラスチンは、哺乳類や鳥類、魚類などの皮膚や靭帯、血管壁などに含まれている伸縮性や弾力性に富んだ成分ですが、デスモシンはエラスチンにしか含まれていない特別なアミノ酸で、エラスチンのしなやかさの基となっています。

また、卵殻膜にはグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸等のムコ多糖類も含まれています。

卵殻成分

卵殻膜の作用はコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質だけでなく、これらのムコ多糖類も作用に寄与していると考えられています。

資料のご要望や詳細についての問い合わせは、こちらまで。
電話:03-5439-9195
問合せフォームはこちら

商品紹介

HARI TAMAGO(ハリ・タマゴ)
商品名 HARI TAMAGO(ハリ・タマゴ)
希望小売価格(税別) 6,800円
内容量 250mg×120粒
1日摂取目安量 4粒
形状 打錠
主成分 4粒当たり 450mg

(米)BIOVA社の特許製法により作られた水溶性卵殻膜パウダーを4粒あたり450mg配合した美容サプリメントです。

株式会社ラメール